• 手術時間
    30分
  • 麻酔方法
    睡眠麻酔
  • 入院の必要性
    なし
  • 抜糸
    不要
  • 術後の通院
    1回
  • 回復
    術後2~3日目頃より日常生活復帰
    t
  • Transcon
  • Transcon
  • 若い頃は下まぶたに脂肪が少しあってふくらんでいるほうが、魅力のある可愛い目に見えますが、年齢を重ねるごとに顔の皮膚がたるんでくると、目の下のふくらみが影クマとなり暗い印象を与える原因となります。

    これは、加齢と共に眼窩脂肪が流れるのを食い止めていた力が弱くなることで生じる場合が多いです。
    若年層にもこのような症状が見られますが、手術で修正することができます。
  • Transcon
  • 皮膚のたるみと脂肪のふくらみがある場合
  • 脂肪を取り除くと同時に下まつげのラインを切開して皮膚のたるみを切除します。場合によっては脂肪を取り除くと共に窪んだところには脂肪を注入して目の下を平らにする「脂肪再配置」を行います。
  • 皮膚のたるみはなく、脂肪のふくらみだけがある場合
  • 皮膚を切開せず、目の内側の結膜を通して脂肪だけを取り除くため、抜糸の必要がなく、傷跡も目立ちません。手術直後に洗顔や化粧ができるので、日常生活にはまったく問題がありません。
  • Transcon
  • 目下の脂肪再配置手術とは結膜を通して目の下の脂肪を取り、窪んだ部分を埋める方法で、目の下の骨格にある筋肉をほぐすことで、効果を長持ちさせる手術法です。

    目の下のくぼみがひどい場合と目の下がへこんでしわが目立つ場合に適した手術法で、クマの改善にも効果的です。
  • 顔に傷跡が残らず、若々しく柔らかい印象にします。
  • 結膜を通してレーザーで切開することで、目の下の脂肪を一部切除し、残りの脂肪を三つに分かれている目の下の脂肪層を骨膜周辺に移動させるため、顔に傷跡が残らず、若々しく柔らかい印象にします。
  • 垂れ下がった皮膚を持ち上げることで、クマとしわを改善します。
  • 目の下を平らにすることで、影クマを改善して若々しい目元を取り戻すことができます。また、皮膚が垂れ下がってしわが目立つ場合は皮膚を切開して皮膚を持ち上げながら目の下の脂肪を再配置することで、大きな効果を得ることができます。