• 手術時間
    1時間30分
  • 麻酔方法
    睡眠麻酔
  • 入院の必要性
    なし
  • 抜糸
    術後約5~7日目
  • 術後の通院
    2~3回
  • 回復
    術後1週間目以降
  • Short Nose
  • 「鼻が短い場合にプロテーゼだけを挿入して鼻を高くしたら、足りない組織によってさらに上向きになった鼻になってしまいます。」
    とりわけ短い鼻でなければ、比較的簡単な方法で修正することも可能です。しかし、短すぎる場合は以前から色々な方法が試みられてきましたが、一つの手術だけで確実に修正する方法は未だにありません。その理由は、外側の皮膚だけでなく内側の軟骨、粘膜、鼻中隔など鼻の長さを決めるすべての構成要素が短いためです。したがって最近ではこのような原因を解決するために色々な方法を組み合わせて手術を行っています。
  • 鼻筋を高くする方法
  • 一般的に上向き鼻というと、鼻先が上を向いていて鼻の穴が正面から見える鼻だと思われがちですが、実は鼻の根元となる鼻根部が正常な鼻より低い位置にあるため、鼻が短く見えてしまいます。この場合は鼻筋を高くする隆鼻術を行って鼻根部を高くすることにより、鼻を長く見せることができます。
  • 軟骨整形術
  • 鼻先が短く、上向きになっている原因は軟骨にあります。 まず鼻先の形を作る鼻翼軟骨が上の方に上がっていると、鼻先も上向きになります。このような場合は鼻翼軟骨の上側を切除して下向きに固定することで、軟骨を下の方に長く伸びているように見せることができます。
  • 軟骨移植術
  • 軟骨を調整するだけでは鼻先を長くすることができない場合は、鼻中隔軟骨と鼻翼軟骨の間にさらなる軟骨移植を行うことで、鼻先を確実に長くすることができます。移植に主に使われる軟骨は鼻中隔軟骨です。
  • 軟骨整形術+軟骨移植術+隆鼻術
  • 鼻翼軟骨を鼻背軟骨から切除させて前方に再配置させることにより、後方に後退しないように薄い鼻中隔軟骨をその間に移植して空間を埋めます。このように前方に再配置させた両側の鼻翼軟骨を寄せながら、鼻筋に少し長くプロテーゼ(シリテックス)を挿入して鼻先に軟骨を入れて前方に引っ張ります。