• 手術時間
    3~4時間
  • 麻酔方法
    全身麻酔
  • 入院の必要性
    場合によって入院
  • 抜糸
    10~14日目
  • 術後の通院
    3~4回通院治療
  • 回復
    術後3~4日目後より日常生活可能
  • Reduction
  • 取り除く胸の組職量によって手術方法は異なりますが、傷跡が残る形によって大きく3種類に分かれます。
  • 乳輪の周りにだけ傷跡が残る乳輪切開乳房縮小術
  • 乳輪の周りと下の方に垂直線の傷跡が残る垂直切開乳房縮小術
  • 乳輪の周りと下の方にT字型の傷跡が残る「T字型」乳房縮小術
Reduction
  • 垂直切開乳房縮小術
    乳輪の周りと下の方に垂直型に手術する乳房縮小術
  • 乳輪周囲切開法とT字型切開法のメリットを活かし、デメリットを補った手術法
  • 比較的大きな乳房の縮小・矯正が可能
    術後、授乳が可能
    入院しなくても手術が可能
    「T字型切開法」より傷跡が少ない
    手術時間が短い
    乳頭部位の感覚保存

  • 乳輪の周りにだけ傷跡が残るため、他の手術方法より傷跡が目立ちません。
  • 他の手術方法より傷跡が目立たない
    乳頭の機能を保存できる(授乳など胸の機能を維持できる)
    入院しなくても手術が可能で、出血量が相対的に少ない
    他の手術方法に比べて手術時間が短い
    垂れた胸を同時に修正することができる
    縮小できる量がほか他の手術方法に比べて少ない
    未婚の女性に向いている手術
  • 「T」字型切開法
    「T字型切開法」 は他の手術方法に比べて縮小量が多いです。
  • 入院しなくても手術が可能で、出血量が相対的に少ない
  • 垂れた胸を同時に修正することができる
    手術時間が短い
    縮小できる量がほか他の手術方法に比べて多い
Augmentation